日経TESTとは
経済知力とは
日経TESTの評価軸
信頼性と妥当性
オピニオン・リーダーの声

オピニオン・リーダーの声

高橋 俊介 氏
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授

高橋 俊介

1954年東京都生まれ。78年東京大学工学部航空工学科卒業、日本国有鉄道に入社。84年米国プリンストン大学院工学部修士課程を修了し、マッキンゼーアンドカンパニー東京事務所に入社。89年ワイアット社(現タワーズワトソン)に入社、93年同社代表取締役社長に就任。97年に同社を退任、ピープル・ファクター・コンサルティングを設立。2000年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。11年から同大学院同研究科特任教授。
著書は、『キャリアショック』(東洋経済新報社)、『ホワイト企業 サービス業化する日本の人材育成戦略』(PHP研究所)、『人が育つ会社をつくる(新版)』(日本経済新聞出版社)など多数。

自らの能力の「気づき」のために

自分がある能力について無能であることに気づいていないことを「無意識・無能段階」という。情報は携帯で十分と思っている若い人たちはそのような傾向にある。仕事をして生きていくためには、もっと広い知識を持たなければならないということに気づいていない。普段の自分たちの関心の範囲内では仕事ができないことを知ってもらうためにも、日経TESTはいいきっかけになる。 一方、ビジネスの世界では一般的にそれぞれの分野で専門性を高くすることが要求されている。新卒で入社して専門性が身につくまでには十年ぐらいかかることもある。しかし、それだけでは弱い。個別の仕事の分野の専門性が高くなってくるほど、基本的なビジネスリテラシーが重要になる。例えば、弁護士資格を持っていてもビジネスリテラシーがない人には弁護士の仕事はやっていけない。経理・財務や技術系の人たちも同様である。 ビジネスリテラシーを習得するのは30歳になってからでも遅くはない。むしろある特定分野の専門性を身につけた人の方が身につけるのは早い。専門職が身につけるべきビジネスリテラシーの基礎としても、日経TESTは有効だと思う。

ページトップへ